2015年3月アーカイブ

あんまりにも転職回数が多い人の場合
採用してもすぐにちょっとした不満で辞めてしまうんだろう、と思われてしまいます。
自分が面接官になったら当然そう思うでしょう。

もちろん転職した理由には正当な理由があったかもしれませんが
あまりにも多い場合には、面接で不利になります。
では、どうすればよいのでしょうか?

あまりにも転職回数が多い場合には、1年未満の会社は割愛しても良いでしょう。
履歴書がずらーーーっと転職先の情報で埋まってしまうのは
あまり良いとは言えません。
会社も直前に勤めていた会社は社会保険の手続の関係でバレてしまいますが
何社も遡って勤務事実を確認したりはしません。
学歴や資格の詐称は問題ですが、勤務履歴の省略は違法ではありません。

ただし、派遣で働いていた人やアルバイトの場合
契約満期で終了しているのであれば、それほどマイナスにはなりません。
むしろきちんと勤めあげたことが評価になることもありますから
あまり不利になる、不利になると考えすぎないようにしましょう。

それよりも沢山の業種を経験したからこそ
本当にやりたいことが見つかったとアピールするほうが建設的です。
そしてこの会社では長く勤めたいと訴えることで
転職回数の多さは誤魔化すことができます。