2015年6月アーカイブ

住宅ローンを組んだら転職できないの?

住宅ローンを組んだ後であれば転職は問題なくできます。
住宅ローンの審査はあくまでも審査する時点で、
収入があり定職についているかなどを審査しますので、
審査にパスして実際に融資されたあとであれば転職は問題ありません。
しかし、転職後に収入が減ってしまい返済が困難になれば、
一括返済などの処置を取られる場合はあります。
これは転職したかどうかに関係なく、返済を遅延すれば
発生する可能性があります。

注意しなければならないのは、家を購入する契約を進めつつ
審査直前に転職してしまうことです。
多くの金融機関では3年以上定職についていることを審査基準としていますので、
審査前に転職すると審査通過は難しくなります。
せっかく契約まで漕ぎ着けたのに審査に通らないと無意味になってしまいます。
同じ理由で転職後3年は住宅ローンの契約は、借り換えも含めて
難しいと考えたほうがよいでしょう。

どのタイミングで転職するかは住宅購入を考えている方は、
特に注意しなければなりません。
ただ、融資後に転職したことを金融機関に通知する必要もありません。
わざわざ転職しましたと報告する義務はないです。
銀行からすれば滞りなく毎月のローン支払いを行ってくれさえすれば、
審査通過後の仕事の状態は問題視しません。