試用期間で不採用になることってあるの?

会社に内定が出て働きはじめたものの、
なかなか職場に慣れることができず仕事も失敗ばかり。
すると会社から本採用はしないと通達されてしまった。

こうしたケースは実際に起こります。
正式な社員になっているわけではないので、簡単に首を斬ることができるのでしょうか?

これ、正式に法律で決まっています。
雇用契約は採用時に成立しています。
試用期間=見極め期間と思いがちですが、すでに雇用契約は成立しています。
しかし、採用後にあまりに仕事ができなかったりすると解雇になってしまうのです。
労働基準法によると最初の14日間に限り、解雇予告なしに解雇することができます。

ただしこれを超えると話は別です。
1か月働いたあとに、解雇しようと思うと雇用契約がすでに成立していますから
30日前に予告しなければ解雇できませんし、もし解雇予告しないのであれば
手当の支払いが必要になります。

働き出して15日目以降に本採用を拒否(解雇)された場合には
予告手当の支払いを求めるべきですし、こじれた場合には
弁護士に労働法律相談をしてみましょう。

また試用期間中に仕事に違和感を感じた場合でも退職予定の2週間前に
退職の申し出を行わなければいきません。
即日退職はできないので、注意してくださいね。