40代の転職ってやっぱり絶望的?

転職活動をする年代として40代というのは厳しい現実があります。
若い人材は即戦力として活躍できる余地がありますので、
20代、30代は転職活動でも十分に需要があります。
しかし、40代で転職となると給与面とスキルのバランスが取れずに
企業側が応募者の要望に応えられないことが多くなります。

更に40代になると管理職として採用したいと考えるのが一般的ですが、
管理職というのはそれほど供給がありませんから
応募人数に対して供給が間に合わない結果となります。
かといって現場でバリバリ働く人員としては若年層のほうが
使いやすかったり費用の面でメリットがあります。
40代ともなれば社会人になってから20年以上経過している人も多く、
悪く言うと癖の強い人材であること、よく言えば個性があるとなりますが
使いにくいのも採用を躊躇する原因となります。

40代でも転職を成功させることは可能ですが、
全体の母数から見ると40代以降というのは非常に厳しくなります。
リストラでやむなく転職活動をしなければならない人にとって、
これは直視したくない現実となります。

加えて40代で自ら進んで転職活動をする人は多くありません。
それはこのような現実があることを知っていることと、
スキルがある人は十分な報酬を貰っているので転職する必要がないからです。
40代で転職活動している人材=他の会社で活躍できなかった人という、
誤った認識を企業側が持っていることは否めません。