コレやったら確実に不採用です。圧迫面接で絶対にやってはいけないこと

就職活動で採用担当者と面接を行うと、圧迫面接を受けることがあります。
圧迫面接は矢継ぎ早に質問されたり、強い口調や興味の内容な言葉で
面接を進める形式になるので応募者からすれば受けたくない面接と言えます。

そんな圧迫面接ですが、対策をすればクリアしていけるのですが
中には確実に不採用になるような受け答えをしてしまう学生がいます。
では、どのような受け答えをすると駄目なのか見てみましょう。

・パニックになって適当に返事してしまうこと
・ネガティブな返事をすること
・面接官を否定すること

これらは面接の雰囲気が重苦しい状態になればなるほど、起こりやすく
特に社会人としての経験がない学生にとっては陥りやすい問題です。

圧迫面接の意味を理解すれば攻略できる

圧迫面接にはちゃんとした意味があります。
単に応募者をいじめるために行っているのではなく、ストレスを掛けることで
応募者がどのような反応をするのかを見ています。

よくあるのが「向いてないよ」「他の会社でもいいのではないですか?」
など否定的な質問を受けるケースです。
向いてないと言われて、「分かりました辞退します」と言ってしまっては、
質問の意味を理解できていないので即不採用となります。

確かに今の状態では向いていないかもしれないけれど、
それでも就職したい理由を述べれるような回答を面接官は求めています。
ネガティブにならず、パニックにもならない、質問に対して
自分の意見を述べられるかどうかが圧迫面接の攻略法です。