【面接対策】前職を辞めた理由は正直に話すべきか?

中途採用面接で誰もが経験するのは、「前職を辞めた理由」の説明です。
前職を辞めた理由は人それぞれで、中にはネガティブな内容で辞めた人もいるでしょう。
上司と折り合いが付かず人間関係が悪化したケースや、
給料や仕事の内容に納得がいかないという人も多いと思います。

それら辞めた理由について中途採用面接では必ず聞かれるわけですが、
全てを正直に話す必要はありません。
もし正直に全てを離してしまったとすれば、内容に関係なく採用されない可能性が
非常に高くなってしまいます。

採用する側としては辞めた理由の詳細までは聞こうとは思っていませんが、
辞めた理由についてどういう説明をするのかを聞きたがります。
納得できる内容であるかどうかが、採用後にすぐ辞めてしまうリスクを
減らすことに繋がるからです。

正直に話すことのリスクを承知の上で

上司との人間関係が上手く行かずに退職を決断しました、
と言ったようなことを正直に話したとします。
まず100%に近い確率で不採用になることは間違いないでしょう。

というのも会社という組織である以上、人間関係を無視することはできず
その中で関係性を上手く管理できずに退職したと告白されているようなもので、
採用しても同じことを繰り返すのでは?と考えられてしまいます。

中途採用で重要なのは2点あります。
即戦力として使えるかどうか、採用後直ぐに辞めたりしない事です。
即戦力かどうかは経歴などを見ればある程度判断することができますが、
渡り鳥のように簡単に会社を辞めるかどうかは深堀して判断するしかありません。

その判断材料として前職を辞めた理由を聞くわけですから、
正直にネガティブな内容を離してしまうと採用されないのは当然の結果となります。