人見知り・コミュ障のあなたが面接を突破する方法

世の中には人と接することが苦手で、就職活動が人生における
最難関だと思っているケースが少なからずあります。
人見知りだったり、コミュ障と言われるものですが、
そんな人でも面接を突破する方法はあります。
以下にいくつかのポイントを記載しますので参考にしてください。

・面接官である相手も緊張している
・面接官の方が必死になっていることを知る
・この面接が人生の全てではないと考える
・模擬面接を嫌になるぐらい繰り返す
・自己分析をして客観的に自分を理解する
・自分が思っているほど誰も自分のことを気にしていないことを知る

このように人に接することが苦手な人は、精神面からの
アプローチが何より大事です。
そこさえ一時的にでも克服できれば、楽勝だからです。

何度も数をこなして、課題を克服すれば突破できる

苦手な事でも、何度も数をこなしていけば慣れるものです。
数をこなせば当然ですが課題が見つかってきますので、
その課題を少しずつでも克服していけば内定を手にすることは可能です。

面接が得意だという人は、どういうメンタルで臨んでいるのか
どうして緊張していないように見えるのかを考える必要があります。
何かしらコツやポイントがあって、面接を克服しているわけで
それは頭で覚えるのではなく体で理解するしかありません。

面接は大変、緊張する、上手く伝えられない、失敗したらどうしよう
そういうマイナスの考え方が前面に出てしまうのが人見知りやコミュ障
といった言い訳に繋がるんだと思います。
模擬面接、本番面接に関係なく、体当たりで突破していく気概を身に付けましょう。