人材紹介会社選びで差をつけよう。

「どこの人材紹介会社に登録すべきか」

これは、実は転職を始める段階で一番大事なことです。
あとあとじわじわ差を生んでくることなので、
後悔しないようじっくり読んで下さい。

まず、少しがっかりする話をします。
正社員で転職した人の中で、
どのくらいの人が年収アップしているのでしょうか。

実は38%しかいません。
(厚生労働省 平成18年転職者実態調査より)

つまり、3人転職したとしてそのうちの1人強しか年収アップしていないんです。期待はずれですね。

でもご安心下さい。ある人材紹介会社経由で転職した人のうち66.7%の人が年収アップに成功しているというデータもあります。(日経より)

この場合、3人転職したとしてそのうちの2人が年収アップしてることになります。(どこの会社かは後で説明します) この差はなんなのでしょうか。

あなたがもし、3・4社の人材紹介会社を利用したことがあれば、この違いに納得いくでしょう。

A社のキャリアコンサルタントは親身に指導してくれたけど、
B社のコンサルタントは放置だった、とかって話を聞いたことありませんか。会社によってサービスレベルはバラバラなんです。

サービスレベルの高い人材紹介会社経由で受けるのとそうでない紹介会社経由とでは、志望する企業への合格率も変わってくるのです。

データとして顕著に表れるのは年収だけですが、
きっと他の待遇面での違いもデータをとれればでてくるでしょう。
ここまでで、人材紹介会社を選ぶことの大切さをご理解頂けたかと思います。

では、具体的にどんな人材紹介会社を選べばいいのでしょうか。

まず、大事なのは目的から考えることです。

あなたが、人材紹介会社を使う目的はなんでしょうか。
それは転職で成功する可能性を高めたいからだと思います。

では、転職で成功するとはどういうことでしょうか。
それは、「あなたの希望に合った仕事で内定すること」に他なりません。

つまり、あなたは「あなたの希望に合った仕事で内定する」可能性を高めるために人材紹介会社を利用するのです。

では、「あなたの希望に合った仕事で内定する」可能性を高めるために、ベストな人材紹介会社とはどういう会社でしょうか。それは、

(1)あなたの希望に合った仕事をできるだけたくさん見つけてきてくれる。
その方が希望の仕事につく可能性は高まりますよね。
できるだけ多くの求人を扱っている。もしくは独自の求人を扱っている会社が該当するでしょう。

(2)一つ一つの応募先へ内定する可能性を高めてくれる。つまり、強力な支援をしてくれる。
キャリアコンサルタントの支援レベルが高いとか、もしくは他の効果的なサービスをしてくれている場合が該当するでしょう。

つまり、この2つの条件を備えている紹介会社を選ぶべきなのです。

キャリアハックでは、数ある人材紹介会社の中からこの2つの条件を特に高いレベルで兼ね備えている会社を2社だけ選びました。順位はつけられませんが、どれも推奨できるレベルであることは間違いありません。

パソナキャリア

【拠点】
東京、新宿、大阪、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡
(あくまで、拠点の場所のみであり、サービス対象地域がこれだけというわけではありません。サービス地域についての詳細は各社にてお問い合わせのうえご確認下さい。)

(1)求人数
17000件もの求人数を取り扱っています。人材紹介会社としては老舗であり、顧客とのパイプも太いため、非公開求人も豊富です。

(2)キャリアコンサルタントの質が総合的に高い
何よりもキャリアコンサルタントのレベルが総合的に高いという評判があることでしょう。一人一人の専門性が高いことと、面倒見がいいコンサルタントが多いという評判は有名です。ヤフーリサーチの顧客満足度ランキング(2005年度)第1位。オリコンの顧客満足度ランキング第2位という結果は、サービスの質の高さを証明しているでしょう

リクルートエージェント


【拠点】
東京、新宿、虎ノ門、立川、横浜、静岡、札幌、仙台、宇都宮、埼玉、千葉、名古屋、大阪、京都、神戸、岡山、広島、福岡

(1)求人数
日本最大の求人数を誇ります。圧倒的に多いです。

(2)サービスの質
質も日本最高といっていいでしょう。オリコンの顧客満足度ランキングでも1位でした。また、先ほど説明した、66.7%が年収アップしたという統計がある人材紹介会社はここのことです

キャリアハックとして、推奨する人材紹介会社はこの2社になります。

もっとも他にもサービスレベルの高い人材紹介会社もあるかもしれませんし、キャリアコンサルタントとの相性も重要な要素なので、あなたの可処分時間を考慮しながら幅広くみた方がいいと思います。

以上で、人材紹介会社選びで差をつけるは終了です。読んで頂きありがとうございました。